DV」タグアーカイブ

【神奈川】戸籍法違反で母親に過料 DV受け33年後に娘の出生届(2015年9月26日 東京新聞)

【神奈川】戸籍法違反で母親に過料 DV受け33年後に娘の出生届

(2015年9月26日 東京新聞)

前夫の暴力を恐れ、生まれてから三十三年後に娘の出生届を出した県内の母親が、藤沢簡裁から戸籍法違反で過料五万円の決定を受け、横浜地裁に即時抗告した。二十五日に記者会見した娘(33)は「裁判所は無戸籍の実情を理解しておらず、あまりにも無慈悲」と訴えている。・・・・

背景にDV 出生届出さず過料に即時抗告

9/25 NHKニュース

夫の暴力から逃れるため、別の男性との間に生まれた娘の出生届を33年間出さなかった母親が、裁判所から過料を命じられた決定を不服として即時抗告しました。・・・

社説:増えるDV 社会の悪弊を断ちたい(09/28 北海道新聞)

社説:増えるDV 社会の悪弊を断ちたい

(09/28 北海道新聞)

配偶者や恋人に対する暴力「ドメスティックバイオレンス(DV)」の相談が増え続けている。

道の集計では、2014年度に道内の相談窓口で受けたのは前年度比9・5%増の1万4千件余りに上り、過去最多を更新した。・・・・

DV被害女性の戸籍の書類を夫側に交付(8月21日  NHKニュース)

DV被害女性の戸籍の書類を夫側に交付

(8月21日  NHKニュース)

夫のDV=ドメスティックバイオレンスが原因で、ことし6月に横浜市に転居してきた女性の現住所が書かれた戸籍の書類が、横浜市の職員の手続きミスによって、夫側に交付されていたことが分かりました。・・・・

DV被害者避難先、大阪府警が夫に漏洩 閉鎖で調停申請(2015年8月13日 朝日新聞)

DV被害者避難先、大阪府警が夫に漏洩 閉鎖で調停申請

(2015年8月13日 朝日新聞)

大阪府南部でDV被害者の一時避難施設(シェルター)を運営する女性(70)が、入所していた女性の夫に府警のミスで施設の所在地を知られ、閉鎖せざるをえなくなったとして、移転費用の支援などを府に求める調停を10日、大阪簡裁に申し立てた。・・・・

デートDV:男子学生の半数「恋人なら性的要求にこたえるべきだ」と回答 予防教育の必要性(毎日新聞 2015年07月06日)

デートDV:男子学生の半数「恋人なら性的要求にこたえるべきだ」と回答 予防教育の必要性

(毎日新聞 2015年07月06日)

男子中高生、大学生の2人に1人は「恋人なら相手の性的な要求にこたえるべきだ」と考えている? 恋人間の暴力「デートDV」の予防教育に取り組むNPO法人「SEAN(シーン)」(大阪府高槻市)がまとめたアンケートで、こんな傾向が明らかになった。・・・・

DV相談、最多715件 摘発97、飲酒絡み多く 14年県計まとめ/沖縄(2015年6月2日 琉球新報)

DV相談、最多715件 摘発97、飲酒絡み多く 14年県計まとめ

(2015年6月2日 琉球新報)

2014年に県警に寄せられた配偶者らによる暴力(DV)の相談件数が715件と過去最多となり、前年に比べて59件増加していることが県警のまとめで分かった。・・・・

元警察官DV訴訟 京都府に一部賠償命令 京都地裁(2015.5.15 産経新聞)

元警察官DV訴訟 京都府に一部賠償命令 京都地裁

(2015.5.15 産経新聞)

京都府警下鴨署の巡査部長だった元夫(59)=傷害罪で罰金刑=からドメスティックバイオレンス(DV)を受けた50代の元妻が別の署に出した被害届の内容を府警が元夫に漏らしたとして、京都府に550万円の損害賠償を求めた訴訟の判決が15日、京都地裁であり、神山隆一裁判長は府に25万円の支払いを命じた。・・・・

外国出身女性を孤立させない DV相談、母語で対応 [福岡県](2015年05月13日 西日本新聞)

外国出身女性を孤立させない DV相談、母語で対応 [福岡県]

(2015年05月13日 西日本新聞)

配偶者や恋人からの暴力、ドメスティックバイオレンス(DV)にさらされる外国出身の女性を支援しようと、民間団体や自治体の相談窓口で「多言語化」の動きが出てきた。・・・・

5人に1人がDV経験 子どもに被害も(2015.3.27 NHK)

5人に1人がDV経験 子どもに被害も

(2015.3.27 NHK)

内閣府が行った、DV=ドメスティック・バイオレンスについての世論調査によりますと、結婚しているかしたことのある人のうち、およそ5人に1人が、配偶者から暴力を受けた経験があり、このうちの27%は、子どもにも被害があったと答えました。・・・

DVやストーカー被害者を司法支援 法テラス相談、改正案(朝日新聞 2015年3月24日)

DVやストーカー被害者を司法支援 法テラス相談、改正案

(朝日新聞 2015年3月24日)

政府は24日、日本司法支援センター(法テラス)の弁護士が受け付ける法律相談の対象に、配偶者や恋人などからの暴力(DV)やストーカー、児童虐待の被害者を加える「総合法律支援法」の改正案を閣議決定した。被害の初期段階で相談を受けて対応し、凶悪事件を未然に防ぐのがねらい。・・・・