市民派議員増やそう 「なるための本」著者講演・高知県香南市/政務活動費 不正広げた国会の責任(2016-11-26 みどりの一期一会)

市民派議員増やそう 「なるための本」著者講演・高知県香南市/政務活動費 不正広げた国会の責任

(2016-11-26 みどりの一期一会)

11月19日の高知県での講座の記事が、20日の高知新聞に掲載されました。

午前が終わったところで、取材を受けて話したのですが、
よくまとまった記事になっています。

記者の森田さんに「記事が載ったらおくって」と頼んでおいたので、
京都から帰ったら、届いていました。
新聞記事をスキャンして、内容を紹介します。

新聞記事をスキャンして、内容を紹介します。

  市民派議員増やそう  「なるための本」著者講演・香南市
2016.11.20 高知新聞

議員を目指す人らを対象に、議員の仕事などを学ぶ講座が11月19日、高知県香南市赤岡町の赤岡市民館で開かれた。「市民派議員になるための本」などの著者の寺町みどりさん(64)=岐阜県山県市=が講師に立ち、約40人が熱心に耳を傾けた。

寺町さんは環境問題などの市民活動に関わり、市民団体「女性を議会に 無党派・市民派ネットワーク」事務局も務める。議員らを対象に勉強会なども開いており、任意団体「こうち男女共同参画ポレール」が招いた。
寺町さんは「自治体の主役は市民」と強調。「議員には誰でもなれる。組織やしがらみにとらわれず、自分の意思で発言できる市民派議員が増えてほしい」と訴えた。
また、「議員の仕事は発言すること」とし、「1人で『異議あり』というのは勇気が要るが、首長の言う通りにするだけだったり、裏で根回しして議場で発言なしに議決するなら議会はいらない」と断じた。
日本で女性議員が少ない点にも言及し、「女性の立候補者は少ない。当落に関係なく、政策を語れば街は変わる。発言が市民の政策に届くのは議員の醍醐味(だいごみ)。一歩踏み出せば何かは変わる」と激励した。
模擬選挙も行われ、立候補した4人が「おなかのすいた子が人もいない街に」「子育て背世代と女性の声を届けたい」などとまちづくりの夢を訴えた。(森田千尋)

LGBT差別解消 進まぬ法整備 与野党にズレ、歩み寄れず(2016年11月22日 東京新聞)

LGBT差別解消 進まぬ法整備 与野党にズレ、歩み寄れず

(2016年11月22日 東京新聞)

性的少数者(LGBT)への差別を解消する法整備の議論が足踏みしている。七月の参院選前に国会で法制化の動きが活発化したが、自民と野党で考え方に違いが大きく歩み寄れなかった。・・・・

 

社説:憲法審査会 まず立憲主義を語れ(2016年11月18日 朝日新聞)

社説:憲法審査会 まず立憲主義を語れ

(2016年11月18日 朝日新聞)

衆参両院で憲法審査会の実質審議が再開した。

きのうの衆院の審議で、自民党は憲法改正の論点として、環境権、統治機構改革、緊急事態条項、参院選の合区解消、自衛隊の認知などを列挙し、「国民の憲法改正への合意形成をめざす」と意欲をみせた。・・・

本人が望まなかった性的なできごとは、すべて性暴力である(2016.10.27 シノドス)

本人が望まなかった性的なできごとは、すべて性暴力である

伊藤良子・関めぐみ / 性暴力被害者ゼロネットワーク『しあわせなみだ』

(2016.10.27 シノドス)

性暴力という言葉を聞くと、何をイメージしますか?もし、「夜道を歩いていた女性が、見知らぬ男性に暗がりに連れ込まれて強かんされる」といったイメージを持った方は、本稿を通じてより広い性暴力の定義について知っていただければと思います。・・・・

男女平等ランキング、日本は過去最低111位(2016/10/26  日本経済新聞)

男女平等ランキング、日本は過去最低111位

(2016/10/26  日本経済新聞)

【ジュネーブ=原克彦】世界各国の男女平等の度合いを指数化した世界経済フォーラム(WEF)の2016年版「ジェンダー・ギャップ指数」で、日本の順位は調査対象144カ国のうち111位だった。前年より10下がり、過去最低の水準になった。・・・・・

 

「日本の女性差別の構造はルワンダと一緒」女性装の東大・安冨教授が講演(2016年10月17日 弁護士ドットコム) 

「日本の女性差別の構造はルワンダと一緒」女性装の東大・安冨教授が講演

(2016年10月17日 弁護士ドットコム)

ルワンダにおける女性への差別や暴力について考えるイベントが10月9日、東京都内で開かれた。「男性の格好をやめた東大教授」として知られる東京大学の安冨歩教授が登壇し、「日本の女性差別の構造はルワンダと一緒」と指摘した。・・・・

【社説】「新潟」野党勝利 再稼働反対の意思示す(2016年10月17日 東京新聞)

【社説】「新潟」野党勝利 再稼働反対の意思示す

(2016年10月17日 東京新聞)

新潟県知事選は野党三党推薦候補が与党推薦候補に勝った。当初の与党楽勝ムードを吹き飛ばして激戦を制したことは、東京電力柏崎刈羽原発の再稼働に対する県民の反対の強さを全国に示した。・・・・

原発天王山選挙 新潟県知事選最終情勢はまさかの展開(2016年10月15日 日刊ゲンダイ)

原発天王山選挙 新潟県知事選最終情勢はまさかの展開

(2016年10月15日 日刊ゲンダイ)

「原子力ムラ」VS「再稼働反対」――。この国の命運を決することになる新潟県知事選は、いよいよ16日が投開票日だ。

自公が推薦する前長岡市長の森民夫候補と共産・社民・自由(生活)が推薦する米山隆一候補の事実上の一騎打ちは、最後まで大接戦となっている。・・・・

「レイプが兵器」実情知って 実録映画公開(毎日新聞2016年10月8日)

「レイプが兵器」実情知って 実録映画公開

(毎日新聞2016年10月8日)

被害者治療する医師 第11回UNHCR難民映画祭で上映へ

アフリカ中部・コンゴ民主共和国で長年、性暴力被害者を治療し、今年のノーベル平和賞候補に挙げられた婦人科医師、ドニ・ムクウェゲ氏(61)の人生を描いたドキュメンタリー映画「女を修理する男」が、国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)主催の「第11回UNHCR難民映画祭」で上映される。・・・・

育児チラシ「昔の男女観」 名古屋学院大教授、栗東市長を提訴(2016年9月26日  中日新聞)

育児チラシ「昔の男女観」 名古屋学院大教授、栗東市長を提訴

(2016年9月26日  中日新聞)

滋賀県栗東市教育委員会が作ったチラシ「子育てのための12か条」に、昔ながらの男女観をイメージさせるイラストがあり、男女共同参画社会基本法に違反しているとして同市在住の早川洋行・名古屋学院大教授(55)=現代社会学=が26日、市長に対し、印刷費など約41万円を市に賠償請求するよう求める住民訴訟を大津地裁に起こした。・・・・