参院選」タグアーカイブ

参院選女性当選最多…でも女性の政治参画、いまだ遅れ(2016年07月12日 読売新聞)

参院選女性当選最多…でも女性の政治参画、いまだ遅れ

(2016年07月12日 読売新聞)

10日投開票の参院選で、過去最多の女性28人が当選した。参院の女性議員は12人増の50人となり、全体の2割に達する。それでも、先進国の中では女性の政治分野での参画の遅れが目立つ。・・・・

安倍政権に異議再び 参院選沖縄選挙区 自民に痛手、沖縄の全選挙区失う(2016年7月11日 琉球新報)

安倍政権に異議再び 参院選沖縄選挙区 自民に痛手、沖縄の全選挙区失う

(2016年7月11日 琉球新報)

 参院選沖縄選挙区は伊波洋一氏が自民党現職の島尻安伊子氏に大差をつけ、翁長雄志氏が当選した2014年11月の知事選に続き、保革を超えた「オール沖縄」勢力が全県選挙を制した。・・・・

<参院選>東北 自民圧勝に異議(2016年07月11日 河北新報)

<参院選>東北 自民圧勝に異議

(2016年07月11日 河北新報)

【解説】第3次安倍政権発足後、初の大型国政選挙となった第24回参院選は、東北6選挙区(改選数各1)で野党統一候補が自民党候補を圧倒した。・・・・

社説:参院選に問う 政治とカネ 改革迫る意思を示そう(6月30日 信濃毎日新聞)

社説:参院選に問う 政治とカネ 改革迫る意思を示そう

(6月30日 信濃毎日新聞)

参院選の争点になるべきなのに、なっていない。「政治とカネ」の問題である。公示前には、安倍晋三首相の盟友、甘利明前経済再生担当相が現金授受問題で国民に納得がいく説明をしないまま、政治活動を再開している。・・・・

 

<希望はどこに? くらしと参院選> (1)正社員なら安泰か(2016年6月27日 中日新聞)

<希望はどこに? くらしと参院選> (1)正社員なら安泰か

(2016年6月27日 中日新聞)

◆結婚転職は「男の寿退社」

千葉県市川市に住む介護職員の男性(33)は、三年前から付き合う彼女に結婚を言い出せずにいる。職歴は十年で、今は認知症の人が住むグループホームの施設長を務める。・・・・

社説:婦人参政権70年/1票行使して山を動かそう(2016年06月21日 河北新報)

社説:婦人参政権70年/1票行使して山を動かそう

(2016年06月21日 河北新報)

今年は戦後、女性が国政で初めて参政権を行使して70年の節目の年。改めて原点を思い起こし、あす公示の参院選(7月10日投開票)では有権者として立候補者として、女性の存在感を示してほしい。・・・・

社説:「民進党」結党 具体策掲げ政権に迫れ(2016年3月28日 中日新聞)

社説:「民進党」結党 具体策掲げ政権に迫れ

(2016年3月28日 中日新聞)

民主党と維新の党が合流して「民進党」が船出した。総裁として自民党を率いる安倍晋三首相が一強支配を強める中、政権を託し得る政党として、再び民意の受け皿となれるのか。正念場である。・・・・

社説:民進党発足 女性と若者引きつけよ(毎日新聞2016年3月28日)

社説:民進党発足 女性と若者引きつけよ

(毎日新聞2016年3月28日)

民進党が発足した。民主党と維新の党などが合流し、衆参両院で150人を超す議員が参加した。

政治が緊張感を保つためには、政権の受け皿となる野党の存在が欠かせない。自民党の1強状態が強まる中、野党第1党として責任は重い。・・・・

社説:民進党 理念の再構築も怠るな(毎日新聞2016年3月15日)

社説:民進党 理念の再構築も怠るな

(毎日新聞2016年3月15日)

民主党、維新の党が合流して結成される新党の党名が「民進党」になることが決まった。1996年以来続いた「民主党」は消滅する。 新勢力の誕生をアピールすることに力点を置いたネーミングだ。ただ、肝心なのは新党結成に値する理念を示せるかどうかだ。・・・・

【社説】「民進党」結党へ 政策具体化を急がねば(2016年3月15日 東京新聞)

【社説】「民進党」結党へ 政策具体化を急がねば

(2016年3月15日 東京新聞)

「民進党」は野党勢力を結集して安倍晋三首相率いる巨大与党の対抗軸となれるのか。党名を変えても、実現を目指す政策や理念が主権者たる国民を引きつけなければ、政権の暴走は止められまい。・・・・