選挙」カテゴリーアーカイブ

「パリテ・カフェ」 女性の問題語る場を 7日、東京・神田で初開催(2017年10月1日 東京新聞)

「パリテ・カフェ」 女性の問題語る場を 7日、東京・神田で初開催

(2017年10月1日 東京新聞)

待機児童問題や家事、介護の負担、低賃金…。女性が抱える身近な問題を話し合いながら、女性議員を増やす必要性を考える「パリテ・カフェ」と名付けた催しが七日、東京・神田で初めて開かれる。集まった声は、地元議員らに届けていく。 (奥野斐)・・・

 

東京)男女比これでいいの? 女性の政治参画を話し合う

(2017年10月5日 朝日新聞)

人口は男女半々なのに、議会の男女比はこのままでいいの? 衆院の女性議員比率が9%(解散時点。世界平均は24%)、地方議会でも13%(昨年末時点)にとどまる中、女性の声をより反映した政治を実現するための活動「パリテ・カフェ」が始動する。・・・・

【社説】<衆院選>民進と希望の党 「合流」が最善の選択か(2017年10月3日 東京新聞)

【社説】<衆院選>民進と希望の党 「合流」が最善の選択か

(2017年10月3日 東京新聞

かつて政権を担った政党の末路としては、あまりにも寂しい。分裂が確定的になった民進党。野党四党の共闘に背を向け、多くは希望の党に合流するが、有権者にとって最善の選択とは言い難い。・・・・

枝野氏が「立憲民主党」結成 長妻氏や赤松氏ら参加へ(2017年10月2日 朝日新聞)

枝野氏が「立憲民主党」結成 長妻氏や赤松氏ら参加へ

(2017年10月2日 朝日新聞)

 民進党の枝野幸男代表代行は2日、東京都内のホテルで記者会見し、新党「立憲民主党」を結成し、自身が代表に就くと表明した。希望の党の小池百合子代表が民進党からの合流に「排除」の方針で臨み、公認を得られない立候補予定者の受け皿となる。民進リベラル系が参加し、安倍政権に反対する市民と連携し、共産党などとの野党共闘路線の再構築を目指す。・・・

民進、希望へ合流了承 前原氏「名捨て実取る」(2017年9月29日  東京新聞)

民進、希望へ合流了承 前原氏「名捨て実取る」

(2017年9月29日  東京新聞)

衆院は二十八日解散され、与野党は十月十日公示-二十二日投開票の衆院選に向け、事実上の選挙戦に突入した。民進党の前原誠司代表は二十八日の両院議員総会で、同党候補は小池百合子東京都知事が代表を務める新党「希望の党」から立候補させる事実上の合流方針を説明し、了承された。・・・

 

参院選女性当選最多…でも女性の政治参画、いまだ遅れ(2016年07月12日 読売新聞)

参院選女性当選最多…でも女性の政治参画、いまだ遅れ

(2016年07月12日 読売新聞)

10日投開票の参院選で、過去最多の女性28人が当選した。参院の女性議員は12人増の50人となり、全体の2割に達する。それでも、先進国の中では女性の政治分野での参画の遅れが目立つ。・・・・

安倍政権に異議再び 参院選沖縄選挙区 自民に痛手、沖縄の全選挙区失う(2016年7月11日 琉球新報)

安倍政権に異議再び 参院選沖縄選挙区 自民に痛手、沖縄の全選挙区失う

(2016年7月11日 琉球新報)

 参院選沖縄選挙区は伊波洋一氏が自民党現職の島尻安伊子氏に大差をつけ、翁長雄志氏が当選した2014年11月の知事選に続き、保革を超えた「オール沖縄」勢力が全県選挙を制した。・・・・

<参院選>東北 自民圧勝に異議(2016年07月11日 河北新報)

<参院選>東北 自民圧勝に異議

(2016年07月11日 河北新報)

【解説】第3次安倍政権発足後、初の大型国政選挙となった第24回参院選は、東北6選挙区(改選数各1)で野党統一候補が自民党候補を圧倒した。・・・・

社説:参院選に問う 政治とカネ 改革迫る意思を示そう(6月30日 信濃毎日新聞)

社説:参院選に問う 政治とカネ 改革迫る意思を示そう

(6月30日 信濃毎日新聞)

参院選の争点になるべきなのに、なっていない。「政治とカネ」の問題である。公示前には、安倍晋三首相の盟友、甘利明前経済再生担当相が現金授受問題で国民に納得がいく説明をしないまま、政治活動を再開している。・・・・

 

<希望はどこに? くらしと参院選> (1)正社員なら安泰か(2016年6月27日 中日新聞)

<希望はどこに? くらしと参院選> (1)正社員なら安泰か

(2016年6月27日 中日新聞)

◆結婚転職は「男の寿退社」

千葉県市川市に住む介護職員の男性(33)は、三年前から付き合う彼女に結婚を言い出せずにいる。職歴は十年で、今は認知症の人が住むグループホームの施設長を務める。・・・・

そこが聞きたい :多数決の結果は民意の反映か 坂井豊貴氏(毎日新聞 2016年6月16日)

そこが聞きたい :多数決の結果は民意の反映か 坂井豊貴氏

(毎日新聞 2016年6月16日)

「勝てば正しい」は間違い 慶応大教授・坂井豊貴氏

 参院選が22日に公示される。結果次第では選挙後に憲法改正の発議や国民投票がある可能性もある。これらは全て多数決で決められる。その結果が民意だとされているからだ。だが、それは本当に正しいのか。・・・・