児童虐待通告、3万人超す 目立つ「面前DV」(2017年9月21日 朝日新聞)

児童虐待通告、3万人超す 目立つ「面前DV」

(2017年9月21日 朝日新聞)

虐待を受けているとして全国の警察が今年上半期(1~6月)、児童相談所(児相)に通告した18歳未満の子どもは3万262人だった。半期ごとの統計を取り始めた2011年以降6年連続の増加。・・・・

 

《ニュース最前線》広がる子ども食堂 健全育成の拠点に (2017年9月17日 上毛新聞)

《ニュース最前線》広がる子ども食堂 健全育成の拠点に 

(2017年9月17日 上毛新聞)

 貧困や育児放棄といった困難を抱える家庭などの子どもの力になろうと、無料や安い値段で温かい食事を提供する「子ども食堂」が県内で急増している。厚生労働省の2016年国民生活基礎調査で、「子どもの貧困率」は15年時点で7人に1人(13.9%)と先進国の中で高めの水準にあるのに加え、手軽に事業化できることから、団体や自治体が相次ぎ参入している。 ・・・・・・・

 

性暴力被害者、前向く支援 県が開設へ 養成講座スタート、山本さん体験踏まえ訴え /富山(毎日新聞2017年9月13日)

性暴力被害者、前向く支援 県が開設へ 養成講座スタート、山本さん体験踏まえ訴え /富山

(毎日新聞2017年9月13日)

 県が今年度中に開設を目指す性暴力被害者のための「ワンストップ支援センター」で、被害者をサポートする支援員の養成講座が10日、スタートした。・・・・

被害女性 苦しみ訴え 性暴力「心のブレーカー落ちた」

(中日新聞2017年9月13日)

県が本年度中の開設を目指す「性犯罪・性暴力被害者のためのワンストップ支援センター」の支援員養成講座が十日、富山市安住町の「サンシップとやま」で始まった。初回は、父親から性暴力を受けた経験のある看護師山本潤さんが講演。・・・・

(社説)政務活動費 公開へもっと踏み出せ(2017年9月6日 朝日新聞)

(社説)政務活動費 公開へもっと踏み出せ

(2017年9月6日 朝日新聞)

もう世間の関心が薄れたとでも思っているのだろうか。地方議員に支払われる政務活動費をめぐる不正が後を絶たない。

「号泣県議」の元兵庫県議による不自然な支出が発覚して3年あまり。定数の3分の1にあたる14人の市議が辞職した富山市議会の不正受給発覚からは1年。その後も、秋田や福井の県議らが不適切な支出で一部を返還し、奈良や埼玉の県議や堺市議が不正疑惑で辞職した。・・・・

〈心と体 すっきりナビ〉 緊急避妊薬の処方(2017年8月29日) 【中日新聞】

〈心と体 すっきりナビ〉 緊急避妊薬の処方

(2017年8月29日) 【中日新聞】

緊急避妊薬という薬の存在を知っていますか? 緊急避妊薬は、避妊に失敗したり、レイプされたりした時に、妊娠を避ける効果のある薬です。モーニングアフターピルとも呼ばれています。 性交渉後、72時間以内に服用すると効果があります。・・・・

<壇蜜さん動画>女性議員のつどい 即時停止求める特別決議採択(2017年08月23日 河北新報)

<壇蜜さん動画>女性議員のつどい 即時停止求める特別決議採択

(2017年08月23日 河北新報)

タレントの壇蜜さん(秋田県横手市出身)が出演する仙台・宮城観光キャンペーン推進協議会の観光PR動画について、宮城県内の女性議員でつくる「みやぎ女性議員のつどい」は22日、県議会棟で総会を開き、動画配信の即時停止を県に求める特別決議を採択した。・・・・

開設 性犯罪や性暴力、県が被害者支援 /神奈川(毎日新聞2017年8月19日)

開設 性犯罪や性暴力、県が被害者支援 /神奈川

毎日新聞

県は、性犯罪や性暴力の被害者がワンストップで適切な支援を受けられることを目指す窓口「かならいん」を開設した。24時間365日対応の電話(045・322・7379)のほか、面接でも相談に応じる。・・・・・

DV被害者を守る「シェルター」の厳しい実情 人命を守る活動に予算が十分に下りない(2015年07月11日 東洋経済新聞)

DV被害者を守る「シェルター」の厳しい実情

人命を守る活動に予算が十分に下りない

(2015年07月11日 東洋経済新聞)

日本では3日に1人、妻が夫によって殺されている――。これは警察統計によって明らかになっている事実です。前回記事では、DV被害者を加害者から隔離する民間のシェルター団体の取りまとめ役である近藤恵子さんに、日本におけるDVの実態について聞きました。この後編では被害者たちを実際に支えている民間シェルター運営の現状について取り上げます。・・・・

 

性暴力 「女性に非なし」カビラさんが偏見一喝、大絶賛(毎日新聞2017年7月1日 )

性暴力「女性に非なし」カビラさんが偏見一喝、大絶賛

(毎日新聞2017年7月1日 )

最後まで抵抗しなかったのが悪い、と娘や妻に言えるのか--。性暴力を扱ったNHK情報番組「あさイチ」で、死ぬ気で抵抗すれば被害を防げたなどとする視聴者の声をゲストが明快に否定し、話題となっている。それにしても性暴力では被害者にも非があるという偏見、なぜかくも根強いのか。【坂根真理、上東麻子】・・・・

【社説】「共謀罪」法が成立 「私」への侵入を恐れる(2017年6月16日 東京新聞)

【社説】「共謀罪」法が成立 「私」への侵入を恐れる

(2017年6月16日 東京新聞)

「共謀罪」が与党の数の力で成立した。日本の刑事法の原則が覆る。まるで人の心の中を取り締まるようだ。「私」の領域への「公」の侵入を恐れる。

 心の中で犯罪を考える-。これは倫理的にはよくない。不道徳である。でも何を考えても自由である。大金を盗んでやりたい。殴ってやりたい-。・・・・